社会福祉法人
手むすびルーム
理事長 南野 雅子
就労継続支援B型事業所
手むすびルーム
施設長 木元 淳子
所在地 笠岡市十一番町13-9
TEL 0865-62-2216
FAX 0865-62-2216
定 款
財産目録
平成27年度 資金収支計算書
平成27年度 事業活動収支計算書
平成27年度 事業実績報告書(行事・作業)
平成27年度 貸借対照表
作業のご紹介
備 考

2015(平成27)年度 年賀寄附金配分により、
「就労継続支援B型の施設外就労の送迎用車両の更改事業」のため、
車両「日産NV350キャラバン」を受納致しました。
今後、より良い活動が出来ることに感謝し、大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

施設の目的
心身障害者であるため雇用が困難とされる人達が、働く喜びや生きがいを持ち、一般雇用に向けて就労出来るように、また、職業訓練・生活訓練を通して自立した生活が出来るように支援する。

運用の基本理念

利用者の意向を尊重し、個人の尊厳を保持しつつ、個々の能力に合わせた取り組みを行うことにより、満足感や喜びを味わい、また、親亡き後にも本人が住みたい場所で安心して暮らせるように、適応性を養う。
施設の概要
名 称 手むすびルーム
設置運営主体 社会福祉法人 手むすびルーム
構 造 木造アルミニューム板葺2階建て
敷地面積 157.24㎡ (笠岡市より賃借)
床面積 1階床面積103.97㎡
2階床面積 94.39㎡
延べ床面積198.36㎡
通所生利用定員 20名
通所対象者 知的障害者を有している15才以上の人
職 員 施設長(管理者・サービス管理責任者兼務) 1名
職業指導員        4名  (常勤・非常勤)
生活支援員        2名  (常勤・非常勤)
事務員           1名  (非常勤)
目標工賃達成指導員  1名  (常勤)
作業日 毎週月曜日から金曜日、
及び、利用者へのサービス提供のために開所する土曜日
(利用日数に係る特例の適用を受け、原則の日数を調整する。)
作業時間 月~金:9時~16時。土:9時~12時
休 日 国民の祝日に関する法律に規定する日
毎週土曜日及び日曜日
年末年始(12月26日~1月5日)
夏期休暇(8月12日~8月16日)
その他理事長が必要と認める日
作業内容
企業下請け作業
菓子箱
線香箱の組み立て
進物用タオル折りたたみ袋入れ
ガスメーター解体分別他
自主制作 さをり織り
テーブルセンター、筆入れ
小物入れ、小銭入れ、ポーチ他
陶芸作品
幸せのこぶた他
賃 金 作業により得た収入は全額を通所生に還元支給する
日 課
09:00 09:05 10:30 10:45 12:00 13:00 14:30 14:45 15:45 16:00
朝 礼 作 業 休 憩 作 業 昼 食 作 業 休 憩 作 業 掃 除 終 了
    15分 60分   15分
午前の作業開始~ 昼 食 午後の作業開始~作業終了
年間主要行事
 4月 いちご狩り
お花見会
このみ教祭り出店
 5月 JFEフェスティバル出店
 6月 岡山県障害者スポーツ大会参加(ボーリング)
 7月 障害者生活訓練「いきいき料理教室」
 8月 岡山県手をつなぐ育成会県大会参加
11月 笠岡市障害者スポーツ大会参加
12月 クリスマス会
 1月 成人のお祝い
 2月 部落開放文化祭パネル展示
 3月 障害者生活訓練「いきいき料理教室」
作業の状態により適宣調理実習を行う
沿 革
平成 3年 5月 笠岡ボランティアハウス内に定員5~9人の小規模作業所
『手むすびルーム』を開所
設置主体    笠岡市
運営主体    笠岡市手をつなぐ親の会
平成 9年 4月 定員10~14名に変更
平成13年 2月 社会福祉法人化に向けて 『設立準備委員会』 発足
平成13年 5月 社会福祉法人 手むすびルーム 認可申請書提出
平成13年 7月 趣意書による募金集め開始
平成13年10月 日本財団へ助成金申請書提出
平成14年 2月 日本財団より助成金 18,600,000円交付決定通知
平成14年 5月 社会福祉法人 手むすびルーム 認可
平成14年10月 知的障害者小規模通所授産施設 『手むすびルーム』 建築着工
平成15年 3月 小規模通所授産施設 『手むすびルーム』 竣功
平成18年10月 就労継続支援(B型)事業へ移行 定員20名

(作業風景)